収入証明書の提出が必要となるキャッシングのケースについて

基本的に、キャッシングにおいては収入証明書は必要ありません。
収入証明書が必要になるケースは、追加融資をしてもらう時だけになっています。
なぜこのようなことがいえるのかというと、キャッシングにおける収入に関する審査は在籍確認という口頭の審査方法だとわかっているからです。
キャッシングが証明書を不要としているのは、融資に関して危険性がほとんど存在しないからに他なりません。

収入証明書が必要になるのは、融資に関して多額の金銭の貸し出しがあったときだけで、そのようなときは返済能力がないと消費者の返済が本当にできるかどうかが疑問に思われるからなのです。
反面、元々キャッシングのような小額融資に関しては返済に関して消費者に発生する負担がものすごく少ないので、厳しい審査基準を採用する必要はありません。
だからこそ、口頭の在籍確認という方法が採用されているわけです。
在籍確認というのは、キャッシング会社が直接これからお金を借りる人の職場に対して電話をかけることを言います。
直接電話をかけることによって本当に在籍しているかを確認できますので、これを所得の証明とするわけです。
このように、審査の基準がわかっていますので、証明書が要求されるときは極めて限定的なケースだけと言えます。